便秘薬の使用ポイント

便秘薬を飲み続けると自然な便意が消失してしまうため、次第に量が増え”薬なしではお通じがなくなる”というパターンに陥りがちです。

また下剤を使って排便しても、スッキリした感覚が得られないことも多いようです。便秘薬は便秘解消を目的とせず、あくまで一時的な排便のための最後の手段として上手に使いましょう。

便秘薬には3つのタイプがあります。

一つ目の便秘薬のタイプは整腸剤。腸内の善玉菌を増やして腸の働きを整える薬で、もっとも効きめがおだやかなもので、下痢のときにも使います。

二つ目の便秘薬は便のカサを増やしたり、やわらかくするタイプ。塩類下剤、膨張性下剤といって、じっくり効いてくるタイプの薬です。

そして三つ目の便秘薬は、腸を刺激してぜん動運動を促す下剤。 漢方薬の大黄、センナなどの生薬の抽出成分を配合したものが多く、作用が強いため腹痛が起こることもあります。

便秘薬を飲む場合は、まず刺激の弱いものから始めるのがコツです。最初は整腸剤、あるいは整腸剤と合わせて便をやわらかくする緩下剤を使うといいでしょう。

量は説明書にある適応量より少なめにして、下痢にならないように気をつけましょう。同時に運動や食事改善につとめましょう。

市販薬は種類が多いので、薬剤師に聞いて自分に合ったものを選びましょう。効かないようなら、医師に相談すべきです。効くか効かないかの判断は1~2週間飲み続けてみてからです。

漢方薬を利用する場合は薬剤店で相談をしましょう。漢方はその人の体力や症状に合わせて薬を選ぶので自己判断は禁物です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク