便秘薬の種類

便秘薬も便秘の原因になることは前述した通りです。とは言っても、どうしても便秘薬や下剤に頼りたい時があるかもしれません。

まずは便秘薬・下剤にはどのようなものがあるかみてみましょう。

便秘薬・下剤には、大別して<刺激性下剤>と<機械的下剤>とがあります。刺激性下剤とは、腸粘膜を刺激して腸の働きを亢進させ、その分泌の増加をはかり、便を軟らかくするものです。

これに対して、機械的下剤とは、口から入って便に混ざり、腸内の水分を取り込むことで便を軟らかくし、排便に導くものです。この下剤は、薬というよりも、むしろ、水を吸収しやすい性質をもっているといえましょう。

さらに、それらの種類さらに分けると以下の通りになります。

便秘薬・下剤の種類

便秘薬・下剤の種類を医薬的にさらに分けると以下の通りになります。

塩類下剤

大腸での水分の吸収を妨げる作用があります。便のなかの水分が多くなるため、硬い便を軟らかくする効果があります。硫酸マグネシウムなどこの種類に入ります。

結腸刺激性下剤

大腸に刺激を与えて蠕動運動を促進するとともに、水分の分泌を促して、便を軟らかくする作用のあるものです。アントラキノン系とジフェニルメタン系のものがあります。アントラキノン系とは、大黄、センナ、アロエなど、昔から便秘の特効薬として使われてきた生薬がほとんどです。ジフェニルメタン系は、近年開発された合成薬です。いずれも、作用は穏やかでありますが、ジフェニルメタン系の方が、より穏やかといいます。

浸潤性下剤

水分が不足して硬くなった便に、界面活性作用(水の表面張力を利用)で水分を浸透させ、便を水っぽくして軟らかくするものです。刺激性が少なく、腹痛を伴いません。

膨張性下剤

大腸で水分を吸収して、便を水っぽくしたり、腸の内容物を大きくして傍の通りをよくしたり、便の量を増やすように作用して排便を促すものです。これにより、腸の蠕動運動が促進され、ちょうど、食物繊維をたくさん摂ったときのようになります。寒天やコンニャクのマンナンなどがそれです。

坐薬系の便秘薬

肛門から挿入して炭酸ガスを発生させ、蠕動運動を促すタイプの薬です。要するに、浣腸の一種と思えば間違いありません。出口が硬く詰まって、便が出にくいようなときには最適といえます。

これら便秘薬・下剤は上手に使えば便秘解消に有効と言えます。しかし、問題は便秘薬・下剤を使うことでは根本の便秘解消ができないこと、そして便秘薬・下剤の長期服用リスクです。

便秘薬・下剤はあくまで一時的な利用に留め、基本的には生活習慣を改める根本治療に努めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク