便意の仕組み

便は最初から直腸にあるわけではありません。便は、上行結腸、横行結腸あたりでは水に溶けたり小さな固まりだったりしていますが、下行結腸あたりから固まり始め、下行結腸からS状結腸の部分にたまっていきます。ただし、このときはまだ便意は感じません。

私たちが便意を感じるのは、この結腸に蠕動運動や大波浪運動がおこり、便がその動きに合わせて直腸まで移行されてからです。

直腸は便を受け入れたことによりプクーツと膨らみ、それによって直腸の壁が刺激されて、はじめて便意となるのです。

その他、水分に富む便が直腸に入った場合は、少量でも便意を感じることがあります。

また、直腸の緊張が何らかの原因で高まったときには、たとえ直腸の内部が空っぽでも便意を感じるようになります。

排便は、主としてS状結腸の蠣動運動と直腸の縦走筋が収縮して、直腸の内腔が狭まることにより行われます。

直腸の壁が膨れて伸びると、その刺激が骨盤の仙骨にある脊髄(仙髄)神経を介して脊髄をのぼって大脳に伝わり便意となります。

そこでトイレに行き、しゃがんで(西洋式の場合は座る)力むことによって腹圧を加えます。つまり、横隔膜が下がり、おなかの筋肉を緊張させるわけですが、同時に骨盤の筋肉も収縮させて肛門を上にあげ(脱肛門になるのを防いでいます)、肛門括約筋が弛緩します。

この一連の現象がタイミングよく行われることによって、排便が完了するわけです。このような動作は「排便反射」と呼ばれていますが、大脳にある上部中枢によってコントロールされています。

ですから、便意を感じたら即力むという行為は、排便に守っては実に大切なものなのです。便意とは、非常にはかないものです。感じたらすぐ出してしまわないと消えてしまいます。

そして、こうしたことが積み重なって便秘にまでなっていくのです。便意を感じたらすぐ出す。トイレでは排便することに全力を集中するのが、何にもまして便秘をなくすもっとも好ましい方法なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク