食べ物が便になるまで

食べ物は口から入って、およそ9mくらいの長さの腸を約2~3日間かけてめぐり、肛門から便として排出されます。

食べ物がどのようにして便に変わっていくのかを見てみましょう。

口 (咀嚼)

消化は口の中からすでにはじまっています。口では食べ物を歯で噛み砕くのと同時に、唾液と混ぜ合わせます。この唾液の中には、アミラーゼという消化酵素が含まれており、デンプンの一部は唾液によって消化されます。

食べ物を口に入れて「うまい」と思えば、唾液の分泌が増えますが、これは食欲中枢が刺激されるからです。口で岨噂された食べ物は、食道を通って胃へと入っていきます。

胃 (消化液による分解)

口で咀嚼された食べ物は、胃の中でさらにこねられ、砕かれます。胃の壁からはペプシンという酵素を含んだ胃液が分泌され、タンパク質の一部が分解・消化されます。

では、なぜ、胃の壁もタンパク質でできているのに消化されないのでしょうか。それは、胃の粘膜の表面には絶えず粘液が分泌されて、自己消化を防いでいるからです。

この粘液の分泌が何らかの理由(ストレス、過度の飲酒も原因とされる)でうまくいかないと胃壁に傷がつき(胃潰瘍)、胃炎を起こしたりするのです。

胃液は強力な酸ですから、口から入った細菌も、胃である程度は殺されてしまいます。

十二指腸 (膵液と胆汁の分泌)

消化されたものが胃から小腸へと入っていくその最初の部分が十二指腸です。十二指腸は小腸の一部なのですが、手の指を横に十二本くらい並べた長さというのでこの名がつけられています。

この腸は、後部の壁に固定されていますので、小腸や大腸のように動くことはできません。ここでは、膵臓で作られる膵液、肝臓から出る胆汁などが分泌されます。

便の色が茶褐色をしているのは、この胆汁によるものです。

小腸 (本格的な消化と吸収)

小腸は十二指腸、空腸、回腸の三つからなっています。空腸の長さが約2~3m、回腸が3~4m。この小腸だけで6~7mもあり、消化管の大部分をこの小腸が占めているこ

とがわかります。小腸はお腹のなかを曲がりくねるようにして次第に下腹部へと下がっていき、右の下腹部で大腸へとつながっています。

食べ物の本格的な消化吸収はこの小腸で行われます。

アミラーゼ、トリプシン、リパーゼなどの消化酵素によって、脂肪は脂肪酸に、でんぷんはブドウ糖に、タンパク質はアミノ酸にというふうに分解され、吸収されていきます。

小腸の壁には、じゅうたんの毛足のようなヒダ(じゅう毛)がたくさんあり消化物はこのじゅう毛から吸収されます。またこれによって食べ物との接触部分が広くなり、食べ物を吸収しやすくしています。

大腸 (水分の吸収)

大腸は、盲腸、結腸、直腸の三つの部分に分けられています。右下腹にあって、大腸の入り口近くにあるのが盲腸です。長さは5~6cm程度のもので、この盲腸からヒモのような突起が出ています。これが虫垂突起と呼ばれるもので、「盲腸炎で手術を受けた」というのは、この虫垂突起が炎症を起こしたことで、正しくは「虫垂炎」といいます。

盲腸から上に行くのが上行結腸、横を走るのが横行結腸、上から下へと行く下行結腸、そのさきのS字状のS状結腸、そこから直腸を通じて肛門へと続いていきます。

食べ物は小腸での動きに比べて、ゆっくりと進んでいきます。ここでは小腸で吸収しきれなかった水分やその他の栄養素が吸収されます。

直腸 (食べ物の終着点)

食べ物が最後にたどり着くのが直腸です。直腸までくると食べ物は完全に便としての形を整え、肛門から出るのを待つばかりとなります。そして、便意を感じて押し出され、排便に至ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク